本文へ移動
6月中旬~9月  モネが愛した睡蓮が見頃です
大塚国際美術館は、印象派の画家クロード・モネ(1840-1926) が集大成として晩年に描いた「大睡蓮」を、“自然光の下でみてほしい”という彼の願いを実現すべく、陶板の特性を生かし屋外に展示しています。6月中旬から9月は、作品の周りの池にモネが愛した睡蓮が咲き、名画鑑賞とともに楽しめるベストシーズンを迎えます。時間や天候、光により移り行く色彩を、睡蓮の花と一緒にお楽しみください。

日本に憧れたモネ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
モネは43歳の時、フランス北西部の田園地帯にあるジヴェルニーに移り住みました。浮世絵に描かれた日本の風景に感銘を受けた彼は、自宅の庭に池と太鼓橋を作り、周囲に藤棚、柳、ショウブ、睡蓮など日本の植物や四季折々の花を植え、愛情をかけて育てた睡蓮をモチーフに約200点の連作を完成させています。
地下1階  左「睡蓮:バラ色のハーモニー」、 右「睡蓮:緑のハーモニー」(オルセー美術館所蔵、フランス、パリ)


モネが愛した睡蓮
朝7時頃から咲き始め、午後2時頃に少しずつ花を閉じます。
熱帯性の睡蓮は水面より少し立ち上がった状態で花を咲かせ、温帯性の睡蓮は水面上で花を咲かせます。  
熱帯性のためフランスでは咲かず、モネが想像で描いたとされる“青い睡蓮”も開花します。
※睡蓮は気候や品種によって開花時期が異なります。


睡蓮を見ながらカフェでTea Time 
モネが晩年を過ごし、睡蓮を描いた場所「ジヴェルニー」の名前がついたカフェ。天気のいい日は、自然に囲まれた睡蓮を臨むテラス席がおすすめです。

本日のスイーツセット(スイーツ1種+ドリンク1種) 900円~

【営業時間】10:30~16:00

モネが愛した風景をご自宅で
\モネ「睡蓮:緑のハーモニー」など全59種類/
オリジナル ミニ陶板(金色額付)  3,300円

ジヴェルニーの野を散歩する女性を描いた「日傘の女」や「睡蓮:緑のハーモニー」など、色あせない陶板は部屋を彩るベストアイテム。自然の美に思いをはせて、モネが愛した風景をご自宅でも楽しみませんか。

                  ※通信販売、Amazonでも販売しています。
                    ※額込みのサイズは20×24cm厚さ1.5cmです。
                    ※イーゼルは1,540円です。
【営業時間】9:30~17:00

その他 開催中のイベント

 アクセス
    

※ご来館に際し、必ずホームページの《安心・安全のための取り組み》をご一読ください。
※イベントは、状況により、変更・休止する場合がございます。
※価格はいずれも税込みです。
TOPへ戻る