おすすめの今月の1枚

   
大塚国際美術館スタッフが毎月おすすめの作品をご紹介。
絵画鑑賞をもっと身近に興味深く楽しんでいただけたら嬉しいです。
 

【今月の1枚】サージェント、ジョン・シンガー 《ヴィッカーズ家の娘たち》

【今月の1枚】サージェント、ジョン・シンガー 《ヴィッカーズ家の娘たち》
 
3人のくつろいだ様子の女性たち。19世紀の画家、サージェントが描いた肖像画です。
 
1856年アメリカ人の両親のもと、フィレンツェに生まれたサージェントは、各地に滞在しながら育ったこともあり、語学が堪能、温厚で礼儀正しく、ときに愉快な人物でした。
知性と教養があり、ユーモアにもあふれたサージェントは、アメリカやヨーロッパの上流階級を相手に肖像画家として絶大な人気がありました。
 
この作品はトマス・ヴィッカーズの3人の娘を描いたものです。
サージェントは「3人の若い不器量な娘たちを描くことになっている」と友人に手紙を書いています。ここに描かれた娘たちは特に不器量とも思えませんが、二人を一つにまとめ、残る一人を振り向かせるなど、堅苦しいポーズになりがちな肖像画の構図に変化を持たせるため、色々と悩んでの皮肉かもしれません。
 
 時にモデルが数時間とポーズをとらずに絵が完成することもあったというサージェントは、非常に筆の早い画家でした。その早い筆遣いで、滑らかな肌や衣服のひだを描き、その素材の違いまで表現している点に彼の技量が伺えます。
肖像画でありながら、くつろいだ雰囲気とそれにふさわしいメリハリの利いた構図は、ファッショナブルな肖像を扱い慣れたサージェントならではと言えます。
 
しかしながら、彼は晩年になると肖像画を描くことをやめてしまいます。
依頼主のご機嫌を取りながら描く仕事が嫌になり、「肖像画を描かない」と宣言します。こうした画家は、決して多くありません。
宣言後は「自分が満足できることに人生をささげる」と風景画や壁画装飾に打ち込みました。宣言後も彼に肖像画を描いてほしいと言う依頼は後を絶ちませんでしたが、彼が応えることはほとんどなかったそうです。

(文責:畑中 真弓 2017年6月) 

 
 
 
サージェント、ジョン・シンガー 《ヴィッカーズ家の娘たち》
《ヴィッカーズ家の娘たち》
サージェント、ジョン・シンガー(1856-1925)
グレーヴズ美術館、シェフィールド、イギリス
油彩、カンヴァス/137.2×182.9㎝
1884年
※写真は大塚国際美術館の展示作品を撮影したものです※
 
<<大塚国際美術館>> 〒772-0053 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1 TEL:088-687-3737 FAX:088-687-1117